歯槽膿漏とは

歯槽膿漏は歯周病とも言い、炎症が歯の周りの
組織や歯槽骨と呼ばれる骨にまで達している症状であり、
少しずつ進行してある日自覚症状が出るぐらい病状が進行しているときは
悪くなり歯を失ってしまうこともある病状です。

中高年に多く歯を失う最大の原因であり、
生活習慣にも関係しているので若い人でも歯槽膿漏にはなります。
炎症が歯肉にのみ発生しているときは歯肉炎と言い、
この炎症が歯槽骨の骨にまで達すると歯槽膿漏と呼ばれるようになります。

歯茎が腫れたり、歯を磨いたり固い食べ物を食べると血が出たりするなどの症状があり、
歯周ポケットが出来て最後には歯を支える骨の部分が減っていきます。
さらに進行すると歯が抜けて無くなってしまうので、
歯槽膿漏になる前に普段から歯を綺麗に磨いて予防しておかなければいけません。
大きな原因の一つの歯垢は一度出来ると、歯ブラシでは取れないので、
普段からの歯磨きが重要になります。