歯槽膿漏の症状

歯槽膿漏は初期段階では自覚症状が無く、
症状が出るようになったときはかなり病状が進行しています。
歯槽膿漏と自覚して歯医者に行く人は少なく、
虫歯などで歯医者に行ったときに歯槽膿漏と診断される場合が多いです。

歯槽膿漏の症状は、
歯磨きや食べ物を食べると歯茎から血が出る、
口臭がする、歯肉が腫れている、歯肉から膿が出る、
硬いものを噛むと痛む、歯がグラグラするという症状があります。

特にわかりやすいのが、
歯茎から血が出る、歯がグラグラするという症状です。
血が出るのはすでに歯肉が炎症を起している可能性が高く、
歯がグラグラ動くのは歯槽骨まで症状が進行している可能性が高いです。
舌などで触っても歯が動く場合は、細菌に歯槽骨が侵されています。
早めに歯医者に行って治療した方が良いでしょう。