歯槽膿漏の進行具合

歯槽膿漏はその日のうちに歯が抜けるなどのことはなく、
徐々に症状が進行していき、自覚できるような症状になり、
さらには歯が動くなどの症状になり歯肉もなくなっていき、
元の健康な歯茎に戻すことができなくなってしまいます。

初期段階では、
時々歯茎から出血することや、歯茎が腫れたような感じがするなどの違和感があります。
この段階では歯茎の見えにくい部分に歯石などが付き始めています。
歯石を取り除いて綺麗にすれば治せます。

中期段階では、
水が染みるようになり、歯茎から血が出ます。
歯茎を押すと膿が出る、歯茎からにおいがするとい症状があります。
歯茎の内部に歯石が付き始めており、周囲の歯も溶け始めています。
歯磨きでは汚れは完全には取れないので症状は進行していきます。

末期段階では、
歯がぐらつく、歯の周囲から白い膿が出る、歯を磨くと必ず歯茎から血が出る、
という症状になります。この段階だと歯を支える骨も溶けているので
元の状態に戻すことは難しく、進行をこれ以上進めないという治療になります。
さらに放っておくと、最初は1本だけぐらついていた歯も、
周囲の歯もぐらついていくようになります。
そうならないためにも早めの治療が必要です。