プラークコントロール

プラークとは歯垢のことであり、
プラークコントロールとは名前の通り歯垢をコントロールすることです。
具体的には歯磨きで歯を綺麗にして歯垢を作らず、
歯槽膿漏になるのを防ごうということです。

歯槽膿漏の大きな原因には口の中の細菌が関係しており、
歯垢を作らないようにすることは大切です。
食事をすれば食べ物がエサになって口の中の細菌を増やし歯垢を作るので、
毎日丁寧に隅隅まで綺麗に歯を磨くことが大切です。

歯磨きだけでは汚れを落とせない場合は、
歯間ブラシや洗口液なども使って歯を磨くのも良いです。
場合によっては定期的に歯医者に通って歯の洗浄を行うのも良いでしょう。
プラークコントロールが行えるかどうかで歯槽膿漏になる確率も変わるので、
歯を綺麗に磨くことが大切です。
歯槽膿漏になってから治療を行うのもプラークコントロールは大切です。