正しい歯磨き

歯槽膿漏の予防には歯を磨いて歯を綺麗にすることが基本であり、
そのためには正しく歯を磨かなければなりません。
奥歯や歯と歯の間など磨きにくい場所があるので、
その場所を特に意識して綺麗に磨かなければなりません。

歯を磨くといっても、
回数を多くしたり時間を長くしたりしても、
歯ブラシの毛先が歯に届かなければ磨くことはできません。
正しく磨くには歯を1本1本磨くのが良く、歯に対して毛先は平行に、
歯肉の境目部分は45度に当てるのが良く、歯ブラシの毛が開いた状態になったら
新しい歯ブラシに取り替えましょう。

電動歯ブラシを使うのも一つの手です。
歯磨き粉は研磨剤が入っているので磨きすぎるとエナメル質を傷つけてしまいます。
歯磨き粉は使うときは少量で良く、使えば香料で口の中がすっきりしますが、
歯磨き粉を口の中で泡立てただけでは磨いたことになりません。
磨きにくいところは歯間ブラシやデンタルフロスで綺麗にすると良いでしょう。