よく噛んで食べる

よく噛んで食べるということはとても大切であり、
食べ物に唾液を染みこませ消化を助けるだけではなく、
歯や顎の骨を強くしてくれて、唾液によって
歯槽膿漏の元になる細菌を洗い流してくれます。

食べ物でも柔らかいものを沢山食べる人は噛む回数も少なく、
歯槽膿漏や虫歯になりやすいと言われており、特に日本人などの
発展国の人は柔らかいものを好んで食べる傾向にあります。
固いものを食べるときは自然と噛む回数も多くなっていきます。

よく噛んで食べれば歯の周りの歯肉なども鍛えることが出来ます。
噛むことによって歯槽膿漏を予防できるだけではなく、
満腹中枢も刺激されるので食べ過ぎを防ぎ太らなくしてくれます。
歯槽膿漏予防や肥満予防にもよく噛むことはとても大切であり、
意識して噛むようにしましょう。