噛み合わせや歯ぎしりの改善

歯に物理的に負担をかける行為は歯槽膿漏を悪化させるので、
歯ぎしりや噛み合わせが悪い場合には、治療して
改善して歯槽膿漏を治す場合もあります。

噛み合わせが悪いと歯に負担をかけ歯や歯肉に外傷を与えるので、
そこに細菌が侵入して歯槽膿漏になってしまいます。

歯ぎしりは歯に負担をかけるだけではなく、
歯ぎしりで歯が摩耗すると噛み合わせを悪くするので
歯槽膿漏になる場合はマウスピースをつけて眠るなどの方法で
改善する必要があります。

噛み合わせが悪い場合は歯医者で噛み合わせの修正の治療をします。
噛み合わせが原因で歯槽膿漏になる場合は、部分的になる場合が多く、
一部の歯にばかり力が大きくかかるので、その歯が歯槽膿漏になりやすく、
歯茎が腫れる、歯が揺れるなどの症状が表れてきます。
歯ぎしりでも噛み合わせでも原因の場合は、
まずは歯医者に行ってどのように治療するか決定した方が良いでしょう。