プラークの除去

歯槽膿漏の基本的な原因はプラークと呼ばれる歯垢であり、
毎日の歯磨きで取り除くのが良いのですが、歯磨きでは取り除けず、
歯槽膿漏になってしまった場合にも、プラーク除去を
最初に治療として行います。

歯垢を取り除かなければ歯槽膿漏は進行するので、
まずはその歯垢を取り除いて歯槽膿漏の進行を食い止めることをします。
歯医者では歯垢の除去して歯垢が付きにくくします。
歯周ポケットなど見えない部分にも歯垢がある場合は同時にそこのも取り除きます。
これにより歯肉の炎症が治まっていき歯槽膿漏も改善できます。

プラークの除去によって炎症が治まり歯槽膿漏も治っていきますが、
食事をすれば口の中の細菌が増えて歯磨きを怠れば、歯槽膿漏が再発します。
歯垢を取り除いた後でも毎日の歯磨きはとても重要になります。